フケ 抜け毛

フケの原因について

フケというのは、簡単に言うと古い角質であり頭皮の垢ということになります。

 

これは誰にもあるもので、人というのは新陳代謝を繰り返しているため古い角質が剥がれ落ちるのは当たり前のことなのです。

 

ここで、古い角質は1ヶ月かけて剥がれ落ちていって新しい角質へと生まれ変わり、この生まれ変わるスピードが速くなるとフケが増えて洗髪してもフケが目立ってしまいます。

 

それでは、どうして角質の生まれ変わるスピード(新陳代謝のサイクル)が速くなってしまうのでしょうか。

 

まず、頭皮にはフケ症ではない健康な頭皮状態であっても“フケ原因菌”である癜風菌(でんぷうきん)が棲みついています。

 

癜風菌というのは、皮脂線から分泌されている皮脂をエサにして増殖していって、異常に増えすぎると頭皮の角質を刺激して新陳代謝をサポートするのです。

 

このことによって、角質の生まれ変わるスピードが速められて大量のフケ発生に繋がります。

 

つまり、新しい角質へと生まれ変わらせる頭皮の新陳代謝が活発な状態ということです。

 

一見、新陳代謝が良いというのは良さそうですが皮脂やフケが大量に発生している頭皮状態なので見た目的にも芳しくありません。

 

このように、(脂性)フケの原因はどうやら“癜風菌”にあるようです。

 

そして、この癜風菌が増殖する環境というのが過剰な皮脂が分泌されている頭皮にあります。

 

尚、フケの量が多く痒みも引き起こされている場合は脂漏性皮膚炎になっている可能性が高く、進行してしまうと治りにくく頭皮に紅斑や大量のフケを発生させしまい、最悪の場合は抜け毛・薄毛へと発展してしまうのです。

 

紅斑・・・毛細血管の充血によって出来る赤い斑点

 

 

癜風菌が繁殖しやすい人や環境

・汗っかき
・屋外の暑いところで仕事をしている
・皮脂が脂っぽく過剰に分泌されている
・肉類中心の食生活
・夏の時期
・湿気が多い場所

 

ちなみに、乾燥によって角質層が剥がれやすい状態で痒みが引き起こされて、掻いた時に剥がれた角質がフケに繋がることもあります。
こちらは、乾性フケに分類され頭皮の乾燥が原因で引き起こされてしまうのです。

 

※頭皮が乾燥した状態は、頭皮をガードする角質層がめくれ上がっていて刺激を受けやすい状態になるので炎症から痒みを生じる場合が多くなります。

 

フケには2種類あり、脂性フケは癜風菌が増殖するとフケや皮膚炎が引き起こされて、逆に癜風菌が減少するとフケや炎症が治まるので脂性のフケを抑えたければ癜風菌を増やさない頭皮環境作りをする必要があります。

 

それには、生活習慣、食生活、洗髪など内から外からと見直していきましょう。

 

特に、洗髪に用いるシャンプーに関しては頭皮の皮脂を抑えられるスカルプシャンプーの使用がお勧めで、洗髪に関しては洗いすぎないために1日に1度にすることが大事です。

 

皮脂が過剰分泌している人は、皮脂腺が活発な状態になっているので根こそぎ取り除いてしまうと防衛反応として皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

 

※薬用成分の硝酸ミコナゾールが配合されているシャンプーは、癜風菌を減らす作用があります。

 

また、乾燥によるフケを防止するためには上記の生活習慣、食生活、洗髪の他にも頭皮へ直接オイルなどを用いて角質層を保護することが大事です。

 

 

フケ・頭皮の痒みと抜け毛の関係

 

フケや頭皮の痒みと抜け毛は繋がっています。というのも、頭皮に痒みが生じているというのは頭皮環境が荒れている状態だからです。

 

例えば、頭皮のかゆみというのは大小あるものの“脂漏性皮膚炎”を引き起こしている場合があります。

 

こちらは、皮脂の分泌が盛んな場所にカビが繁殖して起こる病気です。

 

健康な人の頭皮環境でもこのカビは棲みついていますが、内的要因や外的要因によって頭皮環境が乱れて過剰に皮脂が分泌されてしまうとこのカビは異常に増えてしまいます。

 

一定量でしたら、善玉菌と呼ばれて頭皮を守る働きをするのですが増えすぎると頭皮に炎症を引き起こして毛母細胞にも異常を生じさせてしまうのです。

 

毛母細胞というのは、髪の毛を作り出すための必要な細胞ですので、異常がきたした場合は髪の毛を正常に作り出すことが難しくなります。

 

仮に、新しい髪の毛を生み出したとしてもしっかりとした毛髪ではなく、抜けやすい細くて弱々しい髪の毛となってしまうのです。

 

実際に、頭皮の痒みを引き起こす皮脂の分泌を抑えることによって抜け毛はもちろん痒みがなくなったというケースも多くなります。

 

ちなみに、皮脂の抑え方については毎日の洗髪で間単に対処することが出来ます。

 

まずは、洗髪時のシャンプーについては皮脂を取り除き過ぎないものがお勧めです。

 

ここで、皮脂が原因なら取り除いた方が良いのでは?と思いそうですが、適度な皮脂は頭皮を守ってくれるので取りすぎてはいけません。

 

取り過ぎてしまうと、防衛反応として過剰に皮脂が分泌されて毛穴を塞いでしまうので、適度に取り除くことが大切なのです。

 

尚、取り除きすぎてうまく皮脂が分泌されずに乾燥してしまう場合は、乾燥による痒みが伴って掻いてしまうと頭皮が炎症を引き起こしてこれまた毛母細胞がうまく働かなくなってしまうの注意が必要となります。

 

お勧めなシャンプーについては、皮脂を適度に取り除いて頭皮に潤いを与えるアミノ酸系のシャンプーです。

 

さらに、洗髪方法としてしっかりと洗い流すというのはポイントとなります。

 

しっかりとすすがないと、毛穴に詰まったシャンプー剤が頭皮に炎症を起こしてその炎症を治すためにフケが大量に発生して、そのフケをエサに雑菌が繁殖してしまいます。

 

雑菌というのは、結果的に髪の毛を作り出す毛母細胞の働きを阻害してしまうのですすぎに時間をかけることは絶対です。

 

終わりに、頭皮の痒みというのは髪の毛を作り出す頭皮環境が乱れているサインとなっているので早めの対処が必要となります。

 

放っておくと、上記のように抜け毛や最悪の場合は薄毛に発展してしまうので要注意です。

 

関連サイト
角栓様物質の取り除き方